EA (自動売買ソフト) の検証・評価をするレビューサイト | EA FAN CLUB

パラダイムシフト EURUSD

パラダイムシフト EURUSD 検証と評価 (EFCレビュー)

パラダイムシフト (Paradigm Shift) EURUSD のレビューです。

パラダイムシフト EURUSD
項目採点
基礎能力4.0stars 4.0
カスタマイズ5stars 5.0
ポートフォリオ2stars 2.0
サポート''3.0'' 3.0
価格3stars 3.0
フォワード成績2.0stars 2.0
総合点3.0stars 3.0

※フォワード成績の点は2倍計算


概要

項目内容
ロジックスキャルピング(24時間)
通貨ペアEUR/USD
時間足何分足でも可
ライセンスマルチライセンス・ブローカー縛り無しタイプ
ナンピン無し
両建て無し

パラダイムシフト EURUSD
(以下、パラダイムシフト)は、
EUR/USDで24時間トレードする
EA(自動売買ソフト)です。

パラダイムシフトの
販売者のインベストラボは
Forex Wolf USDCHFと言う、
アジア早朝時間のスキャルピングEAも
出しているのですが、
販売ページも硬派ですが、
EAもなかなか硬派なものを
出しているような感じです。
(一方で、Triangle Hedge - TypeR
と言う、アービトラージを狙った
変わりダネEAも出してますが・・・)


長所と短所


Good

 カスタマイズ自由自在

詳細は次項の「設定・パラメーター」に譲りますが、このパラダイムシフト、
かなりいろいろな設定パラメーターが用意されていて、カスタマイズが豊富にできます。
これにより、相場が変化してロジックが通用しなくなり始めても、
相場に合わせて設定変更をしていくことにより、長期間EAを使うことができると思います。

Good

 低ストップロス・高勝率

パラダイムシフトのStop/Lossはデフォルトで50 pipsと低い設定となっていますが、
それにも関わらず、勝率は90%程度は出せる設計となっています。
これは、パラダイムシフトで採用されている「平均回帰戦略」と言う、
「行き過ぎた値は適正値に戻る」ことに前提に考えた理論から生まれた
テクニカル指標を使っていることが要因していそうです。
平均回帰戦略は、順張りと逆張りという概念を使わず、
より普遍的な概念であると言うことです。

Good

 ニュースモード搭載

予め分かっている重要な指標発表の前後ではトレードをしないように
設定することができます。

Bad

 取引回数が少ない

バックテストの項でも記しますが、パラダイムシフトは取引回数が少ないです。
あらかじめ用意されている3つの設定ファイルで、一番取引を多くする設定でも
1日当たり0.5回未満と、パラダイムシフト単体でEAを稼働させる場合は
ちょっと物足りないかもしれません。
(Kaz注: 販売者によると、取引回数を増やすロジックに改良予定との話もあります)


設定・パラメーター

項目設定
可否
Take/Profit, Stop/LossOK
自動ロット(AutoMM)OK
エントリー上限スプレッド値OK
許容スリッページOK
トレーリングストップ・利確機能OK
ナンピン回数NG
ナンピン幅NG
インディケーター調整OK
エントリー曜日Yes/No
エントリー時間OK
週末決済NG
アグレッシブ/リカバリーモードNG
マジックナンバーOK

インディケーター関連を始めとして、
Take/Profit, Stop/Lossやエントリー時間など
かなりのパラメーターが設定できます。

特にインディケーター関連のエントリー設定は豊富で、
かなり細かく設定が行えます。

ニュースモードの設定があり、指標発表前後に
トレードを停止する設定ができます。
ニュースの重要度「高」、「中」、「低」と
3段階に応じて設定ができ、
更にそれらのニュースの前後の「何時間」で
トレードを停止するかの設定ができます。

このように、かなりいろいろな設定ができる
パラダイムシフトですが、本気で最適化(オプティマイズ)
を行うとするとかなり大変です。

一方で購入者がすぐに使用できるように
あらかじめ3種類の設定ファイルが用意されています。

  1. 「Setfile001」 エントリー最高精度、トレード回数少
  2. 「Setfile002」 エントリー高精度、トレード回数中
  3. 「Setfile003」 エントリー中精度、トレード回数多


バックテスト

  バックテストについて  

・バックテストの詳細を見るには、グラフをクリックしてください

・パラダイムシフトのバージョン : 1.0

・MT4 : Pepperstone MT4 Build 402

・スプレッド : EUR/USD = 1.5 pips

・バックテスト期間 : 2007/4/1 - 2011/12/2

・資金 : $10,000

・設定 : デフォルト (Risk = 4)


  • Setfile001

パラダイムシフト EURUSD Setfile001 Backtest

  • Setfile002

パラダイムシフト EURUSD Setfile002 Backtest

  • Setfile003

パラダイムシフト EURUSD Setfile003 Backtest


バックテスト結果まとめ1

ロジック取引回数勝利数勝率利益最大DDPF
Setfile00147944592.9%$18,8765.6%2.36
Setfile00277869389.1%$16,8667.9%1.59
Setfile00398589390.7%$41,3967.7%1.79


バックテストコメント1

スプレッド1.5 pipsで行いましたが、いずれもプロフィットファクター(PF)が1.5以上と
高い数値になりました。

それでは次に、販売ページの謳い文句にある、

パラダイムシフトでは、4pipsくらいのスプレッドであれば、
大きく成績に影響を与えないまま、順調に資産を増加させています。

が本当なのかどうかを見るために、スプレッド4.0 pipsでもバックテストを
行って見ました。

  • Setfile001, スプレッド 4.0 pips

パラダイムシフト EURUSD Setfile001 Backtest

  • Setfile002, スプレッド 4.0 pips

パラダイムシフト EURUSD Setfile002 Backtest

  • Setfile003, スプレッド 4.0 pips

パラダイムシフト EURUSD Setfile003 Backtest


バックテスト結果まとめ2

ロジック取引回数勝利数勝率利益最大DDPF
Setfile00145241391.4%$12,0175.9%1.85
Setfile00273764287.1%$6,1769.4%1.24
Setfile00392081188.2%$13,33111.8%1.34


バックテストコメント2

「大きく成績に影響を与えない」・・・と言うところはびみょ~なところですが、
スプレッド4 pipsでも、右肩上がりの曲線を描くことができています。
まあ、そもそもEUR/USDのスプレッドが4 pipsになることなど殆どありませんし(かのFX*Dでも)、
あくまでもスキャルピングEAのバックテストですので、実戦でどのような結果になるかを
注目してみたいと思います。


フォワードテスト

EFCフォワードテスト

  • ブローカー: Pepperstone
  • 口座: リアル口座
  • 開始日: 2012/1/3 - 2/5 (不調につき運用停止)
  • 設定: Setfile003 + ニュースモードON


ブローカー(FX業者)

パラダイムシフトは、MT4が使用できるブローカーであればどこでも使用可能ですが、
スキャルピングタイプのEAですので、スプレッドの狭いブローカーで使用するほうが良いかと思います。
(いくら4 pipsでも右肩上がりの資産曲線を描ける(?)と言う触れ込みでも)

スキャルピングを使う場合で管理人Kazがお勧めのブローカーは、以下の2社です。

Pepperstone Pepperstone (イチオシ)

FXClearing FXClearing

2社ともスプレッドが狭くて約定力も良い優良ブローカーです。
Pepperstone、FXClearingの参考スプレッドは以下の通りです。

口座タイプEUR/USD
Pepperstone Standard0.5-1.8
Pepperstone Razor0.1-1.0
FXClearing Mini/Mirco1.0

※単位はpips

Pepperstoneは、サポートがメチャメチャ良いです。
英語のメールでも日本人と分かると最初に「~ sama」、と「様」付けで宛名を送ってきます。
PepperstoneのCEOともメール・電話で何度かやり取りしたことがありますが、
紳士な感じで顧客志向の姿勢が見られ、好感が持てます。

現在は日本人サポートも複数名いて、日本語でもOKですのでますます安心です。
あと、入金も国内銀行送金ができますので本当にイチオシです。
信託保全についても、National Australia Bankというオーストラリア国営の銀行に
分別管理されているので、これまた安心です。

・・・Pepperstoneの良いところをあげるとキリが無くなるので、この辺にしときます(汗
ちなみに管理人Kazは、Pepperstoneに一番資金を入れてEAを運用しています。
Pepperstoneの口座開設をするのであれば、The Aslan Group経由で開設するのが
断然お得ですので、こちらからどうそ!
The Aslan Group経由でのPepperstone口座開設はこちら

The Aslan Groupのキャッシュバックについてはこちらの記事もご参考ください

FXClearingも、全体的にスプレッドが狭く、スキャルピングEA向けです。
口座としては、Mini/Micro Cents口座、ECN Pro口座の両方ともオススメです。
Mini/Microはスプレッド固定で、EUR/USD, USD/JPYともに1 pipと極狭です。

ECN Proでは1ロットあたり0.4 pipsの手数料が取られますが、
それでも全体的にスプレッドが狭いので、通貨ペアによってはMini/Microより有利になります。



総評

パラダイムシフトについてまとめますと、以下のようなEAユーザーにオススメです。

[check] 大きく儲けなくても良いので堅実にコツコツと利益を出すEAが欲しい人
[check] 設定を自由自在に変更しながら長くEAを運用したい人

メールはこちらから

使用前のご質問・ご相談は、こちらの「お問い合わせ」からどうぞ!


EAの購入

販売終了しました・・・てか早すぎじゃね(汗

パラダイムシフト 販売ページ


↓サイト存続の為に1日1クリックお願いします! 本当にお願いします・・・

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

クリックすると幸せになれるかも (・∀・)オレガ


Tag: パラダイムシフト EURUSD レビュー スキャルピング EUR/USD

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional