EA (自動売買ソフト) の検証・評価をするレビューサイト | EA FAN CLUB

Forex Combo System 設定

HOME > FGB48プロジェクト > Forex Combo System 設定

Forex Combo System 設定 (Version 4.0) ('∀`)

※表中の赤字部分はGBP/USDに関する記載となります。

パラメーター初期値説明
Use_FXCOMBO_Scalpingtrueスキャルピング戦略を使用する場合trueを指定します
Use_FXCOMBO_Breakouttrueブレイクアウト戦略を使用する場合trueを指定します
Use_FXCOMBO_Reversaltrueリバーサル戦略を使用する場合trueを指定します
Use_FXCOMBO_EuroRangetrueユーロレンジ戦略を使用する場合trueを指定します
Use_ECN_ExecutiontrueECNブローカーを使用する際にtrueを指定します。但し、trueではECNでないタイプのブローカーも使用できるので、推奨設定はtrueです。
Hidden_StopAndTargetfalsetrueにすると、Stop/LossとTake/Profitをブローカーに見せないように非表示にします。
No_Hedge_Tradesfalsetrueにすると、両建てトレードができなくなります。
NFA_Compatibilityfalsetrueにすると、NFAルールに従ってトレードします。
CommentSys1*** 1 ***スキャルピング戦略用のコメントです。
CommentSys2*** 2 ***ブレイクアウト戦略用のコメントです。
CommentSys3*** 3 ***リバーサル戦略用のコメントです。
CommentSys4*** 4 ***ユーロレンジ戦略用のコメントです。
Magic1111スキャルピング戦略用のマジックナンバーです。
Magic2222ブレイクアウト戦略用のマジックナンバーです。
Magic3333リバーサル戦略用のマジックナンバーです。
Magic4444ユーロレンジ戦略用のマジックナンバーです。
MaxSPREAD4ポジションエントリーする際に許容する最大スプレッド値を設定します。
Slippage2ポジションエントリーする際に許容する最大スリッページ値を設定します。
AutoGMT_Offsettruetrueの場合、自動的にブローカーのブローカーGMTオフセットを計算して設定します。falseの場合、手動でManualGMT_OffsetにGMTオフセットを設定します。
ManualGMT_Offset2手動でブローカーのGMTオフセット値を設定します。バックテストをやる際にはAutoGMT_Offset=falseにし、ManualGMT_Offsetを設定します。
Calculate_DSTtruetrueの場合、夏時間と冬時間のGMTオフセットの切り替えを計算します。夏時間と冬時間でGMTオフセットが同じブローカーの場合はfalseを設定します。
UseAgressiveMMfalsetrueにすると、アグレッシブな資金管理(自動ロット)を使用します。TradeMMSys1(2,3)が0より大きい場合に有効になります。
EMAIL_Notificationfalsetrueにすると、Eメールの通知を有効にします。
LotsSys10.1スキャルピング戦略用の固定ロット設定です。
TradeMMSys100より大きい値を指定すると、スキャルピング戦略用の自動ロット設定をフリーマージンの%で使用します。
LossFactorSys12スキャルピング戦略で損失が出た際にここで指定した値を掛けあわせたロットサイズが次回のトレードで使用されます(UseAgressiveMM=trueの場合のみ有効)。
LotsSys20.1ブレイクアウト戦略用の固定ロット設定です。
TradeMMSys200より大きい値を指定すると、ブレイクアウト戦略用の自動ロット設定をフリーマージンの%で使用します。
LossFactorSys22ブレイクアウト戦略で損失が出た際にここで指定した値を掛けあわせたロットサイズが次回のトレードで使用されます(UseAgressiveMM=trueの場合のみ有効)。
LotsSys30.1リバーサル戦略用の固定ロット設定です。
TradeMMSys300より大きい値を指定すると、リバーサル戦略用の自動ロット設定をフリーマージンの%で使用します。
LossFactorSys32リバーサル戦略で損失が出た際にここで指定した値を掛けあわせたロットサイズが次回のトレードで使用されます(UseAgressiveMM=trueの場合のみ有効)。
LotsSys40.1ユーロレンジ戦略用の固定ロット設定です。
TradeMMSys400より大きい値を指定すると、ユーロレンジ戦略用の自動ロット設定をフリーマージンの%で使用します。
LossFactorSys42ユーロレンジ戦略で損失が出た際にここで指定した値を掛けあわせたロットサイズが次回のトレードで使用されます(UseAgressiveMM=trueの場合のみ有効)。
MMMax201回のトレードあたりの自動ロットサイズをフリーマージンの%で指定します。
MaximalLots501回のトレードあたりの最大ロットサイズを指定します。
StopLoss40
165
スキャルピング戦略用のStop/Loss値を指定します(50~300)。
TakeProfit19
16
スキャルピング戦略用のTake/Profit値を指定します(5~50)。
TREND_STR24
34
トレンドの強さを判断します(0-100)。
OSC_open5
6
ポジションオープンするためのオシレーター値を指定します(0~30)
OSC_close14
19
ポジションクローズするためのオシレーター値を指定します(0~30)
TakeProfit_II70
140
ブレイクアウト戦略用のTake/Profit値を指定します(50~500)。
StopLoss_II34
35
ブレイクアウト戦略用のStop/Loss値を指定します(25~120)。
MaxPipsTrailing245
200
トレーリングストップの最大許容値を指定します。
MinPipsTrailing210トレーリングストップの最小許容値を指定します。
Break6
12
ブレイクスルーの強度を指定します。
ATRTrailingFactor21.15
1.6
ボラティリティに対するトレーリングストップの反応度を指定します。
F_TrailingProfit_II40
125
強制トレーリングストップにおける利確pipsを指定します。
F_Trailing_II30
20
ポジションの利益がF_TrailingProfit_IIより大きい場合の強制トレーリングストップをpipsで指定します。
Use_Exp_Trailing_IIfalsetrueにすると、ポジションの利益が大きくなった際にトレーリングストップを小さくします。
Exp_Trail_Factor_II0.16
0.22
Use_Exp_Trailing_II=trueの時にトレーリングストップが小さくなる係数を指定します。
BegHourSys_III22
23
リバーサル戦略用のポジションオープンの時間を指定します(0~24)。
EndHourSys_III0リバーサル戦略用のポジションクローズの時間を指定します(0~24)。
TakeProfit_III170
90
リバーサル戦略用のTake/Profitを指定します(50~500)。
StopLoss_III70
250
リバーサル戦略用のStop/Lossを指定します(50~150)。
MaxPipsTrailing3140
300
トレーリングストップの最大許容値を指定します。
MinPipsTrailing320
10
トレーリングストップの最小許容値を指定します。
F_TrailingProfit_III160
300
強制トレーリングストップにおける利確pipsを指定します。
F_Trailing_III20
30
ポジションの利益がF_TrailingProfit_IIIより大きい場合の強制トレーリングストップをpipsで指定します。
Use_Exp_Trailing_IIIfalse
true
trueにすると、ポジションの利益が大きくなった際にトレーリングストップを小さくします。
Exp_Trail_Factor_III1
0.4
Use_Exp_Trailing_III=trueの時にトレーリングストップが小さくなる係数を指定します。
MaxRangePips95
100
最大許容レンジ幅を指定します(30~200)。
BreakPips-12
-6
ブレークスルー強度を指定します(-20~20)。※マイナス値も指定可能です。
TargetPercent5
2.1
検知されたレンジ幅におけるTake/Profit係数を指定します(0.1~5.0)。
StopLoss_IV41
25
ユーロレンジ戦略用のStop/Loss値を指定します(10-100)。
F_TrailingProfit_IV300強制トレーリングストップにおける利確pipsを指定します。
F_Trailing_IV30ポジションの利益がF_TrailingProfit_IVより大きい場合の強制トレーリングストップをpipsで指定します。
Use_Exp_Trailing_IVtruetrueにすると、ポジションの利益が大きくなった際にトレーリングストップを小さくします。
Exp_Trail_Factor_IV0.15
0.44
Use_Exp_Trailing_IV=trueの時にトレーリングストップが小さくなる係数を指定します。
ReverseTF5逆行時にポジションクローズの際に使用するタイムフレームを指定します。
ExitProfit80逆行トレンドが検知された際にポジションクローズするための利確pipsを指定します。
Include_Medium_Newstrueミディアム(中くらいの)インパクトのあるニュースを含めるかどうかを設定します。ハイ(高い)インパクトがあるニュースはデフォルトで含まれています。
Wait_Before_News30ニュース発表の何分前にトレードを停止するかを指定します。
Wait_After_News30ニュース発表の何分後にトレードを再開するかを指定します。
NewsFilterSys1false戦略1(Scalping)に対してニュースフィルター機能を使用するか指定します。
NewsFilterSys2false戦略2(Breakout)に対してニュースフィルター機能を使用するか指定します。
NewsFilterSys3false戦略3(Reversal)に対してニュースフィルター機能を使用するか指定します。
NewsFilterSys4false戦略4(EuroRange)に対してニュースフィルター機能を使用するか指定します。

※EUR/USDとGBP/USDのMagic1~4はデフォルト値がVersion 4.0以降では
同じになっているので、必ず違う値に設定してからトレードをしたほうが良いです。




本当にお願いします・・・↓サイト存続の為に1日1回の「友情クリック」をお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村


Tag: Forex Combo System 設定

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional